忍者ブログ
母motikoと私akinoriがのんびりと更新をしながら、金魚にわいわいと囲まれる暮らしを綴りたいと思っています。            ※このブログをまとめたHPを作りましたので、見に行く場合はリンクの「のんびり金魚生活!まとめノート」からどうぞ!
[949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  [940]  [939
今回は前回の話の続きです。



私が小学生の頃はミシンを家庭科で使うことがありましたが、
母に家にあるミシンを使わせて欲しいといったら「壊されると困るからだめ」と言われました。
最近になって独学で手芸をするようになり母にミシンを貸してもらえなかったことを、
思い出して言うと「そんな事言ったっけ?」と一言いわれ驚きました。
子供に言う方便だったとはいえ、少しは覚えておいて欲しかったかな。

メダカの親魚のメダカの方が分けてくれるそうなので、
メダカの数に関しては心配がなくなりました。
メダカの方はメダカをすくう網も手作りしてくれることになりました。

飼育セットとしてエサとカルキ抜きと産卵藻などと一緒に、
セットで販売することが出来そうです。
メダカの段取りがついた後に金魚を見て回りました。

去年に我が家から穂竜と変わり竜を50匹以上をお譲りしたのですが、
次々と転覆してしまい穂竜が1匹残るだけになってしまったそうです。
ずいぶんと方落として話してくれたと母が語ってくれました。

少し前に筍をおすそ分けしてくれた時には「もう穂竜は育てない!」と、
言っていたのですが「寂しいからまたおすそ分けしてもらえる?」と言ってくれました。
メダカでお世話になっているしとても良い方なので喜んで、
おすそ分けをする約束をしたそうです。

土曜日に家へと受け取りに来てくれることになりました。
メダカの方は他に蘭鋳と出雲南京を飼育しておられます。
蘭鋳は蘭鋳の師匠から半分と知り合いから半分もらったそうです。

前に居た大きな蘭鋳の子(3歳)は4~5匹、全部が☆になってしまったそうです。
出雲南京は穂竜の会の友人のところに遊びに行ったときにもらった子達みたいです。
この子達は一匹も落ちることなく元気に育っていました。

1匹、持ち主がガンで亡くなってしまい育てられなくなった子を、
引き取られた出雲南京も一緒にまざっているそうです。
この子は金色がとても変わった子でした。

「メダカはすごく上手に飼育できるが、金魚は産卵させられなくて苦労している」と、
「メダカと勝手が違いすぎるわ」とメダカの方は語っていたそうです。
母に楊貴妃(メダカ)で日本一になった方の系統を受け継ぐ子をペアで10匹もらいました。






















またこの子達で卵をとるとアルビノの子が2~3割ほど生まれると言う、
変わった種類のメダカを15匹ほどもらいました。
これからたくさん増やしていくことを伝えて、その日は別れました。
























色んな隙間にメダカの飼育層を増やしたのでコレから夏にかけて、
急速に卵を産んで育って増えてくれるように祈ってます!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
akinori
年齢:
26
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/24
自己紹介:
母motikoと私akinoriが金魚と共にわいわいと生活中!毎日の金魚達の健康チェックは欠かしません。
P R
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村
Copyright © のんびり金魚生活! All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]