忍者ブログ
母motikoと私akinoriがのんびりと更新をしながら、金魚にわいわいと囲まれる暮らしを綴りたいと思っています。            ※このブログをまとめたHPを作りましたので、見に行く場合はリンクの「のんびり金魚生活!まとめノート」からどうぞ!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
今回も前回の話の続きです。



母が言うには今年は去年よりも暖かいらしいです。
私の体感的には去年よりも寒い気がするんですがどうなんでしょう?
単に私の胃腸の調子があまり良く無いからそう感じるんでしょうか。

代謝を上げようとストレッチしたり背中をマッサージしてもらったり、
色々やるんですがちょっと暖まっても少ししたら冷えちゃうんですよね。
マフラーをしたままなので多少は保温されてはいますけど。

***

長時間話している筈なのにあっという間に感じてしまうという事は、
それだけ自分たちが楽しいと心から思える時間を過ごしている
という証拠なんでしょうね。

ただ、有名人さんと母とでは年期があまりにも違うので、
比べられない様な気はしますけど……。
「有名人さんと話をしていたらすぐにでも魚を起こして産卵させたく、
なってしまった」と母が言っています。






















去年の今頃のシーズンでたくさんの失敗をして散々な1年でしたが、
今年はもう少し慎重に事を進めたいです。
だれでも良いので、早く産卵してくれないかな……。

ですがそうしたらまた忙しい日々が始まるんですけどね。
シュリンプを湧かし始めないといけなくなりますし、
稚魚に飼育スペースを取られるのでまた狭くなってしまいます。

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR
今回も前回の話の続きです。



私は体温が35℃くらいなんですが最近は35℃台の人が、
多いみたいで増えているそうです。
ですが1℃違うだけで代謝が下がったり不調になり易いみたいなので、
ストレッチとかをして体温を上げる方が良いらしいです。

私は熱が出た時なんか36.7℃くらいから微熱扱いで、
37℃になったら普通の熱判定になります。
なので38℃にもなるともの凄くしんどくなるんですよね。

***

産卵を洗面器の中でやるやり方は病気がうつるリスクはありますが、
金魚の粘膜にかかる負担を軽くする事が出来ます。
逆にお椀での産卵は金魚同士が触れ合う事がない代わりに、
水で保護出来ない事での粘膜への負担が重くなります。

どちらにも良いところと良く無いところがあるので、
使い分ける事が重要になりますね。
あと受精率の高さで考えればお椀の方が確実な気がします。

まぁ卵と精子の両方が質が良ければ洗面器でのやり方でも、
殆どが受精してくれますけどね。
特に卵の質が良くないとあまり期待出来ない事が多いです。






















それと卵の消毒もイソジンとマラカイトグリーンの2種類で、
菌とカビを薬の力で殺すらしいです。
金魚が大好きな人と話で盛り上がっているといつもながら、
あっという間に時間が経ってしまいます。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回も前回の話の続きです。



今日は空気が一段と冷えていて息をするだけでも、
冷たい空気がすーっと体に入ってくるので、
ミントの飴をなめながら深呼吸をしているみたいです。

***

我が家での経験になりますが穂竜達は自然産卵があまり、
上手くないみたいなので殆どの卵がうまく受精してくれません。
受精したとしても全体の5%以下レベルで殆どの卵が腐って、
しまうため受精した卵が腐り易いという理由もあります。






















そのおかげで人工授精の練習は嫌と言うほど出来るんですけどね。
母は今年は去年に穂竜の名誉会長に教えて頂いたお椀を使った、
人工授精をするつもりみたいです。

去年の病気のキャリアの子(病気を経験して克服した子)と、
そうではない子が居るので安全の為にも洗面器の中で同じ水を、
共有して病気が感染しない様にする必要があります。

なので母は今回お椀を使っての産卵に切り替えるみたいです。
ただそのやり方は金魚を空気中に晒したままでお腹を絞るので、
皮膚というか粘膜にダメージが多そうな気がします。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回も前回の話の続きです。



今日は久しぶりの雨で少し薄暗い日になりました。
それにしても今年も岡山の県南は雪が降りませんでした。
寒波がどうのと話題だったので今年こそ雪が降るかなと、
密かに思っていたのですが駄目だった様です……残念。

***

大将が採卵する時間帯に間に合わないだけっぽい気がしますけどね。
産卵は午後はあまり無いですから午前中のしかも早い時間となると、
難しいのですでに殺菌処理をしている状態を見せてもあまり、
意味が無いと思われた可能性も無くは無さそうですし。

大将は今回、有名人さんから母が譲ってもらったあずま池に、
メス1匹とオス数匹を一緒に入れて飼育して自然産卵で、
生ませていたみたいです。

母は有名人さんから金魚屋の大将が行っていた産卵の方法を聞いて、
凄く驚いたらしいです。
以前に母は大将から「他のところから導入した魚とは自分のところの
魚は一緒にしない」と聞いた事があるそうです。




















なので「どうしても他からの血を入れたい時はギャンブルに
なってしまう」という事みたいです。
我が家はあまり自然産卵した受精卵を使う事はありません。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[2回]

今回も前回の話の続きです。



日当りの良い子供部屋で越冬中のメダカ達はいつでも元気です。
水は青水になったり苔が生えたりしてタニシの餌になり、
フンや水は育てている多肉植物やシクラメンの栄養豊富な、
水として与えています。

だからなのかシクラメンの花がいきいきと生えて来て、
多肉植物も日に日に大きくなって成長しています。
割と日が落ちると寒い部屋なんですが丈夫なものですね。

***

また冬眠中の飼育水の青水の効果についてもアドバイスとして、
教えていただいたらしいです。
青水で飼育するとふとした弾みで産卵してしまうことを、
防ぐことが出来るそうです。






















しかも青水は卵を成熟させることも可能らしいです。
ちなみに母が帰宅してすぐに我が家の子にも青水の、
種水を入れたみたいです。

有名人さんから金魚屋の大将がやっていた蘭鋳の受精卵を、
とる方法を教えてもらったみたいです。
母は昔に金魚屋の大将に蘭鋳を育てている様子を、
見させてもらっていたそうです。

稚魚を育てている温室にも入れていただいた母ですが、
お店の2階で卵をとっているところだけは見せて、
いただくことが出来なかったらしいです。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[2回]

プロフィール
HN:
akinori
年齢:
28
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/24
自己紹介:
母motikoと私akinoriが金魚と共にわいわいと生活中!毎日の金魚達の健康チェックは欠かしません。
P R
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村
Copyright © のんびり金魚生活! All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]