忍者ブログ
母motikoと私akinoriがのんびりと更新をしながら、金魚にわいわいと囲まれる暮らしを綴りたいと思っています。            ※このブログをまとめたHPを作りましたので、見に行く場合はリンクの「のんびり金魚生活!まとめノート」からどうぞ!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

今回も前回の話の続きです。



糸蜻蛉が飛ぶような時期になってきました。
羽が透明な種類でオスは水色でメスは黄緑色なので、
オスメスがすぐに判別できます。

糸蜻蛉はまるで繊細な細工品のような儚さと可愛らしさがあって、
虫が苦手な人でも見る分には楽しめそうな気がします。
基本的に水場をパタパタ飛んでいてこっちには飛んできませんし。

***

鱗が渦を撒く様な稚魚は勿論ですが会に出す事は出来ませんし、
次の世代へと引き継がれてもいけないので種にも使えません。
キラキラしている事自体は見ている分には綺麗と思いますけどね。

有名人さんが「30年以上も蘭鋳を飼育してきたけれどここまで、
鱗が酷い事になっている蘭鋳は記憶に無い」と驚かれたそうです。
大昔にはそう言う蘭鋳も居たらしいですけど……。

凄い事実が判明してとっても残念ではあるのですが母は家に帰ってきて、
残りの子達を恐る恐る見てみるといくらかマシな子が数匹ほど居ただけで、
他の30匹以上の子が全て鱗がつむじのようになってしまっているような、
状態なのを見つけてしまったそうです。




















小さい方の稚魚は小さ過ぎるのでこれから大きく成長する過程でまだまだ、
尾が開いてくる可能性が残っているから今はハネないでもう少しの間は、
選別はしない方が良いとアドバイスをいただいたらしいです。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR
今回は前回の話の続きです。



祖父の有人の方が趣味の渓流釣りでサクラマスを釣ったそうでお裾分けを、
してくれて家族皆で分けてごちそうになりました。
すでに焼かれた状態しか見られなかったのですが身はほんのりとオレンジ色で、
普通の白身ではないのが分かりました。

食べてみるとしっかりと脂が乗っているのに身は柔らかで尚かつ何故か、
あっさりと感じるくらいに油っぽさを感じませんでした。
普段食べる海の魚とは凄く違う味だったので凄く驚きました。

***

まず有名人さんは大きな蘭鋳の子から洗面器にとってみてくれたそうです。
家で選別していて母が気が付いたらしいのですが今まで蘭鋳の稚魚が、
どのように鱗が出来て来るか気が付かなかったらしいです。

その見てもらっている稚魚は鱗が光を反射し易くてギラギラしているように、
見えたので母は凄く気になっていたみたいです。
有名人さんは一目見るなり鱗が変な事に気が付いたらしいです。






















“腰”と呼ばれる所が特に鱗がいびつになっていたそうです。
また酷い子は側面のお腹の部分の鱗がまるでつむじがあるようにぐるりと、
渦を巻いているようになっていたらしいです。

母が言うには連れて行った子の全てに鱗の異常があったみたいです。
1匹〜2匹程度であれば「網ですくった時にでも出来た傷かも?」と、
思う事も出来ますが全てとなると遺伝である方が自然です。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は有名人さんのところへ出かけて蘭鋳に関して学んだ話です。



この前に寝ていたら左の耳を何かの虫に襲撃されて凄くビックリしました。
がさがさと音がして反射的に手で何度も払っていると次第にがさがさ音が、
遠のいていって意識がハッキリして明りを点けたら虫は居なくなっていました。

昔に室内なのにバッタが耳にホールインワンを決めた時もビックリしましたが、
虫って何で人間の耳を狙ってくるんでしょうね?
貴重な睡眠時間をつぶして来るとか凄く許せないですよ、全く!
***

私達が蘭鋳の選別を本格的にするようになって2年目になります。
先日に母が有名人さんの所に見学に行ったときに蘭鋳の稚魚を見せて頂いて、
自分のところの蘭鋳の稚魚との雰囲気の違いを感じたそうです。

その時に母は有名人さんから50匹の蘭鋳の稚魚をいただいたらしいです。
有名人さんは母に稚魚を渡した時に「選別前の稚魚なのでもう少し育てて、
選別するように」と言われたみたいです。

有名人さんは「また選別をしてハネた子を持ってきたら見てあげるよ」と、
凄く嬉しい言葉をかけてくれたそうです。
母はそれから2週間後に選別を実践してみていました。






















我が家で蘭鋳の稚魚の一番早くに生まれた子と最後に生まれた子を連れて、
母は有名人さんのお言葉に甘える形で選別の事を学ぶ為に有名人さんの、
お宅へと意気揚々と出かけて行きました。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は前回の話の続きです。



最近、母がまた雀を助けたみたいです。
近所の人の家に知らない間に入り込んでしまっていた小雀が、
ブラインドの辺りに居たそうです。

母はその小雀ちゃんを保護して無事に窓の外へと逃がしたみたいで、
また「雀の恩返しが来ないかな」と期待をしているらしいです。
何だかんだと雀に縁があるみたいです。

***

母はちょっと変わった色柄なので変わり竜の天青の子の卵もついでと、
ばかりに採卵する事にしたらしいです。
蘭鋳達と同じ手順を使って卵を採ったそうです。






















幸いオスの変わり竜もタイミング良くしっかりと精子を出してくれた、
みたいなので今度は大丈夫だと思っているらしいです。
この日に卵を生んだ2匹は2週間程前に1度産卵したのですがその時は、
卵の質か別の何かの要因があるのか何かが悪かったみたいです。

オスが精子をよく出したのに結果的に受精しなかったらしいです。
多分ですが精子ではなく卵の方に問題があった為に残念な結果に、
なってしまったんだと思います。

今度の産卵は親魚のメスの健康状態も良く見た目が良い卵だったので、
母は受精していたら良いなぁと思っているみたいです。
今年はなんだかんだ受精しない事がありましたからね。

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は産卵の話です。



仕事場の庭には洗濯物を干したりする所に透明な浪板の屋根があり、
雨が凌げて日当りも良いからかアシナガバチが巣作りを始めていました。
まだ女王蜂が1匹で頑張っている段階だったので母が長い棒で、
突っついてたたき落としました。

それでどこかに蜂は飛んで行ってくれたんですが数日後に、
仕事場の前にある小川で蜂を見かけたので仕事場だけではなく周囲の、
環境の良い家の庭とかにも蜂が巣を作るかも知れません。

この時期は多分ですがこういう蜂があちこちに居ると思うので、
すを作られそうな場所はこまめにチェックして危険そうなら、
蜂用のスプレーで撃退しておくと夏が安全に過ごせますよ。

***

今朝にAさんからいただいた蘭鋳が産卵したそうです。
母が朝になっていつも通り変わり竜の稚魚達の水換えをしていた時に、
ふと見るとメスがオスに追われていたらしいです。

水換えを終えて以前に書いた産卵の時に使う液と入れ物になるおわんと、
卵を撒いて確保する為のシート(網)などの産卵セットを持ってきたそうです。
例の液をおわんにしいたラップに入れてまずオスの精子を絞ったみたいです。

2匹いるオスはどちらも精子をよく出してくれたらしいです。
お椀の水の中に採卵して10秒程おいてから洗面器にシートを敷いて、
飼育水をそこに入れて卵が重ならないようにバラ撒いたそうです。






















ホッとして母は他のトロ舟の水換えをしたそうです。
いざ、配達に行こうと母が最後の見回りをした時に変わり竜の天青の子が、
オスに追われていたらしいです。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

プロフィール
HN:
akinori
年齢:
28
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/24
自己紹介:
母motikoと私akinoriが金魚と共にわいわいと生活中!毎日の金魚達の健康チェックは欠かしません。
最新記事
P R
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村
Copyright © のんびり金魚生活! All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]