忍者ブログ
母motikoと私akinoriがのんびりと更新をしながら、金魚にわいわいと囲まれる暮らしを綴りたいと思っています。            ※このブログをまとめたHPを作りましたので、見に行く場合はリンクの「のんびり金魚生活!まとめノート」からどうぞ!
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

今回は前回の話の続きです。



以前に斬新なネクタイをしている方を見かけました。
そのネクタイは近くで見ると単なるストライプなのですが、
離れてみてみるとさばにしか見えない色柄だったのです。

なので遠くで見ていて「ネクタイの変わりにさばを付けてる!?」と、
凄くビックリしてしまったんですよね。
斬新だと思うので私は凄くいいと思います。

***

ただ母が購入したスポンジフィルターは日本国内ではなく中国から、
送られてくるので家に届くまでに2週間ぐらいかかりますし、
何か薬品?か何かみたいなものが確実に付いています。

なので母は必ず使う前に熱湯で薬品を洗い流して殺菌もしてから使います。
何故そこまでするかと言うと以前に水道水で洗っただけで使ったら、
稚魚がみるみるうちに死んでしまった事があるからです。

その証拠にスポンジフィルターを熱湯で洗って薬品を洗い流してから、
使うようになってからは何のトラブルもありません。
大切な稚魚を熱湯で洗う手間を惜しんで失う訳にはいきませんからね。





















もう直ぐ今年生まれの稚魚達もベランダデビュー出来そうなサイズにまで、
大きくなってきたみたいです。
なので早目にフィルターを洗って用意をしておくそうです。

それでは!


ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR
今回はスポンジフィルターの話です。



座るところが丸いパイプイスを使う事が多いんですが座る部分のビニールが、
古くなって裂けてしまっているので新しいカバーを作って取り付けました。
座り心地が良いようにたくさん手芸用の綿を詰めたのでフカフカです。

座っていたら綿がへたるのですが入れ替えられるようにしたり、
取り外して洗えるように工夫したりしました。
自分で作るとこういう工夫が出来るので良いですね。

***

今年用のスポンジフィルターの換えのスポンジを母がネットで注文しました。
母は今の金魚飼育の決まりとして1つのトロ舟に3つのフィルターを、
入れるので数が必要です。

なので母は毎年、春にまとめて購入しているみたいです。
稚魚が増える頃なのでトロ舟の稼働数が増えますし稚魚が大きくなれば、
更にたくさんのトロ舟を動かす事になります。

そうすればそれに応じて“1トロ舟3フィルター”の法則で増えていくので、
スポンジフィルターも使う数が増えますからね。
へたるスポンジフィルターの換えの分も考えれば多く買って備えておくのは、
決してそんな事ではありません。






















そのスポンジフィルターは1個100円くらいなので飼育で使って、
へたってきたらすぐに交換出来ますし目がとても荒いスポンジなので、
汚れをよく取ってくれる優れものです。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は前回の話の続きです。



昨日から急に暑くなって扇風機やらうちわやらを急いで準備しました。
寝る頃になると風は寒いけど布団をかけると厚い気がして、
私には地味に寝辛い夜でした。

***

人工精しょうの素と精製水を合わせた水に精子を入れてそこに卵を入れたら、
軽く揺らして10秒ほどいおいて洗面器やトロ舟に用意した網の上に。
固まりにならない様に卵をバラまきます。























その時に洗面器やトロ舟には飼育水を入れておきます。
カルキの抜けた溜水があればそちらを使っても構いません。
卵をバラまく事が出来たら日が当たらないように暗くして1時間ほど、
放置して受精が完了するのを待ちます。

その間にトロ舟に水道水を入れて水温を20℃に調節してエアーとヒーターを、
入れて用意しておきます。
夕方、又は次の日の朝に殺菌の為にメチレンブルーとイソジンを入れて、
消毒して新しい20℃の水道水に入れ替えて暗くしておきます。

3日ぐらいしたら発眼が確認出来ると思います。
この時にカビた卵が出てきたらスポイトや割り箸で出来るだけ取り除いておくと、
水が悪くなるのを抑えられるので手が開いているならやっても良いかも知れません。

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回も前回の話の続きです。



昨日はよるのTV番組で岡山の倉敷を特集する番組を偶然見ました。
大体は知っていることが多かったんですが美観地区にある大原美術館に、
世界的名画が展示してあるのってあまり知られていないんですかね?

受胎告知とか睡蓮とか他の有名作品も紹介されていました。
大原孫三郎と児島虎次郎の友情と情熱と信念により結晶化された、
西洋美術と近代美術を展示した日本最初の美術館なんですけど。

***

母の人工授精の手順はまず産卵しているメスを見つけたら精子を、
出してくれるオスを1匹以上は用意します。
洗面器とは別にお椀を用意してラップを局面に沿うように敷きます。

そこに精製水と合わせて作った人工精しょうの液を少し入れます。
その中にオスをつかまえて精子をしっかりと絞ります。
水中に広がらずイマイチのだまになった精子でも今までの経験では、
受精は可能なので諦めずにそのまま使います。

この人工精しょうの素と精製水を合わせた水で精子を長生きさせる方法は、
元気なオスの為というよりも寧ろ出来が不安なオスしか居ない時や、
採りたいオスの精子がいまいちな時に利用する価値があると思います。





















人工精しょうの素と精製水で作った水に精子の入った状態になったら、
その水の中にメスの卵をガンガン絞っていきます。
卵を出し切ったらお椀を軽く揺らせて卵同士をバラバラにして受精を促します。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は前回の話の続きです。



母が家の玄関先で発泡スチロールを設置してアナカリスを、
育てているんですがそこにはスネールと一緒にヨコエビが、
すいすいと泳ぎ回っていました。

ヨコエビを浴見るとミジンコみたいに1つ目っぽく見えました。
ヌマエビの姿を見慣れているとどうしてもエビっぽくは、
見えないような気がしてきます。

***

母は友人に送ってもらった人工精しょうの素がポストに届くと、
さっそくドラッグストアに行って精製水を買っていました。
1本510mlなので丁度1袋全て入れると液が出来上がるそうです。






















母はお椀にラップをひいて受精させるので精製水は100ccも使いません。
なので残りは冷蔵庫に入れておけば当分の間は大丈夫だと思います。
なんせ精製水には腐るものが入っていませんからね。

もう直ぐ大潮がやって来ます。
採りたい子がまだいるの人工精しょうの素と精製水の効果を見る為に、
母は試してみようと思っているみたいです。

もしもこの方法が今までの方法よりも上手く行けば採りたい子の遺伝子を、
かなり計画的に残せますしオスの調子に左右されにくくなるので、
飼育の負担や受精の確率に一喜一憂しなくても済む様になります。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

プロフィール
HN:
akinori
年齢:
28
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/24
自己紹介:
母motikoと私akinoriが金魚と共にわいわいと生活中!毎日の金魚達の健康チェックは欠かしません。
最新記事
P R
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村
Copyright © のんびり金魚生活! All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]