忍者ブログ
母motikoと私akinoriがのんびりと更新をしながら、金魚にわいわいと囲まれる暮らしを綴りたいと思っています。            ※このブログをまとめたHPを作りましたので、見に行く場合はリンクの「のんびり金魚生活!まとめノート」からどうぞ!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
今回は日の当る場所の話です。



最近は空気が乾燥しているのか母と兄が肌がかゆいみたいで大変そうです。
乳液とかハンドクリームとかを塗り込んで対処していたそうなんですが、
母が試しにアレルギーの薬を飲んだらかなり収まったと言っていました。
金魚で水仕事をする分、肌の皮脂が奪われやすいのでかゆくなっているんでしょうか?

母が「今、欲しいものは何ですか?」と聞かれたら日当りの良い庭と答えると言っていました。
太陽が高く昇らなくなってきた今はベランダの一部と仕事場の窓辺裏くらいしか、
日が当たらないという何とも寒い状況です。

日陰はとても寒いので水温が上がってくれません。
朝の水温が自転車置き場では5℃を切る様な事態になってきました。
母は、なるべく日が少しでも当たるところを探してトロ舟などを、
あっちにやったりこっちにやったりと移動させているみたいです。

今年の当歳魚はまだ凄く小さくてエサを食べさせたいので、
暖かいところを探して過ごさせてあげないといけませんからね。
先日に母が物干竿の下にトロ舟を移動させていたのですが、
観察してみたところ午前中のほんの一時だけ日が当たるだけだったみたいです。






















他に良い場所が無いかと母がベランダを見回したところ浄水器を置いている台の上を、
片付ければ小さなプラスチックケースくらいなら置けそうな事に気が付いたそうです。
その台にはコンセントを設置してあるのでもしもの時はヒーターも完備可能です。
続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR
今回は前回の話の続きです。



TVで江戸時代の料理番組とか一時期流れていましたけど和な面白いドラマをまた見たいです。
現代のドラマはお気に入りのやつしか見ないし時代劇はほぼほぼテンプレですからね。
江戸時代とか戦国時代とかの面白いドラマがあれば私的にはかなり期待大です。
理想としては映画だけど『高速参勤交代』とかゲームだけど『大神』とかの、
素晴らしいギャグあり友情あり後半の盛り上がりで感動ってのが欲しいです。

「今度、今年に我が家の受精卵をお裾分けした方に相談してみる」と、
母が別の道を探してみると言っていました。
その方も有名人さんの血筋の子が欲しいみたいなので、
いい返事が頂けるのではないかと少しばかり期待しているみたいです。






















毎年蘭鋳の子引きをしていたのならこんなに慌てふためかずとも、
他に何匹も産卵で切る子を安心して確保出来ていたでしょうが、
穂竜や変わり竜の飼育を確立する為に今年は手を出せなかったのが痛いです。

何と言っても飼育スペースが限られているのでどうしても、
穂竜と変わり竜と蘭鋳の3種類の中で優先順位を付けなくてはなりません。
さらに付きっきりの様に水換えを行うので作業時間の限界もあります。

まだ冬になったばかりですが我が家の産卵時期は1月からなので、
完全に暇になる訳ではないので実は忙しいんですよね。
今は産卵の為に小さい子を飼い込んでいるので室内はいつも通りにしていますし、
産卵した時の事を考えて保温の為の発泡スチロールを探したりとかも必要だし。

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[4回]

今回は腸まんの子の話です。



この時期になると室内温度が丁度良いのか多肉植物がイキイキしています。
やっぱり暑い時期よりは少し涼しかったりする方が環境的に合っているのかな?
半年くらい無事に育てられたら環境に適応出来た目安になると、
以前にTVで見た事があるのですが1年以上でなくとも適応出来たとなるのでしょうか。

母は先日に有名人さんに腸満になった子を見せてもらったそうです。
その蘭鋳はお腹が大きくなっていて下半身が浮き気味で、
少しふらついているように見えたらしいです。

実は我が家の蘭鋳のメスの3歳と4歳の2匹がもしかしたら腸まんかもしれない、
という問題が浮上してきていて心配しています。
特に3歳のメスは最近益々お腹の当りが大きくなってきています。






















鱗が開いていないので松かさ病ではないのは分かりますが、
現状のままで良いとは思えないのでやはり心配は尽きません。
来年に有名人さんから頂いた2匹のオスと掛け合わせて、
子引きしたいと思って考えているんですが……なかなか難しそうです。

腸まんになった場合は産卵がどうなるのか準備や対処をどうすべきなのか、
そういった経験が無いのでそういう意味でも心配です。
我が家に居る蘭鋳のメスの3匹のうち2匹がそのような感じなので、
外から新しい子達を入れた方が良いのでしょうか?
続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は前回の話の続きです。



最近は取り締まりを強化しているのか町中でパトカーや白バイをよく見かけます。
まぁ寒いからなのか交通雨量が増えたからなのかは分かりませんが、
イライラしていたり手荒な運転をよく見かけるのでそういう人達こそ、
安全の為にも取り締まって欲しいと思いますね。

早速、その日に持って来てくれてメモを付けて玄関のところに、
置いていてくださったらしいです。
浮き草を分けてくださったおかげで蘭鋳達に与える事が出来て助かりました。






















蘭鋳達の自転車置き場の水温は5℃~7℃なので殆ど人工エサを与えません。
浮き草ならば水にふやけてしまう事が無いので蘭鋳達が、
好きな時に食べる事が出来ますし食物繊維のおかげか、
フンの出も良く胃腸に優しいので当歳でない子達には良くあげます。






















特に色揚げ的な意味も込めて与えるので蘭鋳優先ではありますが。
と言ってもあげられるのは暖かい日中の一時だけですけどね。
今年は冬がとても寒そうなので厳しい冬眠になりそうです。

有名人さんは2月と4月に蘭鋳の採卵をされるそうです。
我が家は穂竜と変わり竜が優先なので蘭鋳は3月の初めくらいの、
少し遅い時期(我が家にとってですが)に母はしたいみたいです。

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回はプードルちゃんの飼い主さんとの話です。



この時期になると風邪をひきやすくなると言いますが、
私が治って来たと思ったら今度は他の家族が風邪をひきかけているみたいで、
なかなかに油断が出来ない季節ですよね。

母がつい先日に浮き草を貰ったそうです。
その方と母は我が家の前をプードルちゃんとお散歩していた縁で、
友人となった近所に住んでおられる方です。






















ある日に可愛いプードルちゃんがお散歩をしている時に母が声をかけて、
撫でさせていただいた事がきっかけらしいです。
お祭りの“メダカ釣り”でメダカを買ってくださったり、
果物を我が家までお裾分けに来てくださったりととてもお世話になっています。

夏の間は朝に母が水換えをしているとよく声をかけてくださって、
楽しくおしゃべりをしていたみたいです。
ですが最近は冬になった為に太陽が上るのが遅くなっていて、
その方はお昼頃にプードルちゃんのお散歩をされています。

先日、たまたまお昼に自宅に帰る事があり母はその方と久しぶりに、
楽しそうにおしゃべりをしていました。
その時にその方の家のメダカ池に少し浮き草があるので、
持ってきてくれると約束をしてくれたそうです。
続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

プロフィール
HN:
akinori
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/24
自己紹介:
母motikoと私akinoriが金魚と共にわいわいと生活中!毎日の金魚達の健康チェックは欠かしません。
P R
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村
Copyright © のんびり金魚生活! All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]