忍者ブログ
母motikoと私akinoriがのんびりと更新をしながら、金魚にわいわいと囲まれる暮らしを綴りたいと思っています。            ※このブログをまとめたHPを作りましたので、見に行く場合はリンクの「のんびり金魚生活!まとめノート」からどうぞ!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

今回も前回の話の続きです。



まえにTVで「ドリアンを食べてお酒を飲むと死ぬ」という話があると、
初めて知ったのですがそれは迷信らしいです。
ドリアンの食べすぎが原因となることはあっても大抵は胸焼けや、
気持ち悪さが出てくるくらいみたいです。

そういうのは「乾燥わかめの食べすぎ」とか「炭酸を飲んでから、
メントスを食べる」とかそういうほうが直接的で危ない気がします。
手軽に手に入るもので引き起こされる危険性ですし。


***

蘭鋳を飼育する水についてもTさん夫妻は毎回ため水の残留塩素を薬品で、
きっちりとチェックしてから使用しているそうです。
そこまで徹底されているのはかなり手間もお金もかかるので凄い事です。




















母が今年2回も残留塩素で失敗したのですがきちんと使用する前に、
チェックしてたらたくさんの子を無駄に殺さなくて済んだのに……と、
徹底したチェック法を聞いた時に母は後悔したそうです。

知らないと言うか有名人さんにもチェッカーで調べる方法を教えていただいて、
いたと言うのに全く自分の考えが甘かったと母は反省しているみたいです。
母は奥様に教えていただいた薬品かチェッカーをすぐに購入できたら、
届き次第効果を試すつもりらしいです。

また去年に研究会や品評会の時に母の魚の写真を色々なベテランの方に、
見てもらってアドバイスやコメントをしてもらったそうです。
するとみんな口をそろえて泳がせて魚を作ってないから駄目との事だったみたいです。

続きはまた明日に書きますね!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR

今回は前回の話の続きです。



ついこの前に放送していた「チコちゃんに叱られる」で放送していた、
イカ墨とタコ墨の話でタコ墨は取り難いという話がありました。
墨の入った臓器が奥にあって難しいらしいです。

そこでふと思ったんですけど臓器ごと取り出さなくても、
太めの注射器とかで墨だけ取り出せないんでしょうかね?
それなら何とか取り出しやすくなると思うんですけど。

***

母の選別は飼育場を見せて頂いた限り完璧に失敗だったそうです。
母的には「これから良くなるかも?」と思って選別をして稚魚を育てていましたが、
本物は全然違っていて驚きと落胆を同時に感じたらしいです。




















母があまりにガッカリした様子だったので気の毒がって有名人さんの稚魚を、
50匹もくださることになったそうです。
去年の尾を重視した選別の方が蘭鋳初心者の母には合っているかもしれません。

有名人さんの案内で近くの夫婦でらんちゅうを育てておられる方の、
ところに母は連れて行ってもらったそうです。
Tさん夫婦は日ランの常連さんで毎年いくつも洗面器をゲットされている、
全国的にも凄い方達らしいです。

あの日ランで毎年なんて……どんな凄腕の方なんだろうかと思っていたら、
美人の可愛い奥さんと笑顔の素敵な旦那さんだったそうです。
特に奥さんは凄い勉強熱心な方みたいでとことん蘭鋳の飼育を追求して、
極めて行かれる人だそうです。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回はお出かけの話です。



イチゴを食べたときに酸っぱいものがあったりしますよね。
そういうのを小さい頃から「だいこんイチゴ」と言うんですが、
これって方言なんですかね?

特に疑問にも思わず標準語の一種だと思っていたんですが、
ネットで試しに調べても良くわからなかったんですよね。

***

日曜日に母は有名人さんのところに見学させてもらいに出かけて行きました。
今年の蘭鋳の稚魚は先輩からいただいた受精卵から生まれた子のみを、
仕事場で穂竜達と共に育てています。

自宅の蘭鋳達はタイミングが合わず採卵することができていません。
蘭鋳の先輩の系統を飼育するのは初めてなので去年のイメージと、
ちょっと違っていて母は戸惑っているみたいです。

特に先輩は泳ぎ重視で選別されているらしく母もその選別の基準をちょっと、
参考にして選別をしてみたらしいです。
しかし母は系統の癖が良く分かっていない状態なのに形だけをまねた選別をして、
しまったからか今になって尾が弱い子ばかりになってちょっと困っているそうです。




















母はいつものように飼育場で今年の稚魚を見せていただいたそうです。
ごん太のたくましい黒子がたくさん泳いでいたらしいです。
特に出来がいい子を見せてもらって母はめちゃくちゃ後悔したみたいです。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は前回の話の続きです。



日本全国のあちこちに白壁の街ってありますよね。
岡山にも倉敷美観地区が白壁の街として有名なんですが、
あのもこっと盛り上がった部分を「なまこ壁」と言います。

でも常々思っていたんですがあまりナマコに見えないんですよね。
どちらかと言えば真っ白いかまぼこにしか見えないような……。
白と黒のコントラストが綺麗でカッコいいんですけどね。

***

寝るときに使っていた分厚い羽毛布団も薄いものに取り替えて、
毛布も外してすっかり夏仕様になりました。
寝るときに猛暑かと思うくらいでしたからね。

最近は雨のお陰で涼しいくらいですが完全に夏仕様にしていると、
私にとっては寒いくらいでしたけど。
兄なんかはそんなに涼しくないらしいですけど。

母はベランダのトロ舟に大して夜になると隙間を開けて、
軽く波板をかけているみたいです。
ベランダの昼夜の温度差は大きく魚に負担をかけてしまいますから、























波板をかけることで夜間に水温が下がるのを多少は防ぐことが出来ます。
蒸れてしまうので隙間を空けるのは必須ですけどね。
蒸れは金魚飼育の大敵みたいなものですから。

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

今回は転覆と暑さの話です。



セロリにはマタタビと同じような成分があるらしいです。
つい昨日に見たTVではじめて知りました。
でも調べてみると猫が食べると尿路結石になるみたいなので、
実際は食べさせない方がいいみたいです。

***

穂竜の大きな2歳魚が転覆してしまったみたいです。
数日前に起きた急激な気温の上昇にその子は弱いからか、
ついていけなかったみたいです。

 


















母はあわてて水換えをしてベランダの上部に日よけをつけました。
ベランダは日当たりも良く一番の飼育スポットですがその分、
暑い時は極暑ですし寒いときは極寒なんですよね。

幸い転覆は一時的なものらしくてすぐに悪いときの状態から、
正常にもどって泳げるようになったそうです。
それにしても金魚だけでなく人間にとっても暑いです。

母はあわてて扇風機をしまっている場所から出して掃除して、
窓には日よけを取りつけていました。
寒いときから暑いときになると体温調節が難しいですから。

続きはまた明日に書きますね!

それでは!

ランキングに参加しておりますので、
宜しければクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

拍手[3回]

プロフィール
HN:
akinori
年齢:
28
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/24
自己紹介:
母motikoと私akinoriが金魚と共にわいわいと生活中!毎日の金魚達の健康チェックは欠かしません。
最新記事
P R
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村
Copyright © のんびり金魚生活! All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]